ページ全体拡大縮小 %
文字サイズ大中小
ホーム--民事法務協会とは--成年後見制度--登記情報提供サービス--出版図書--交通のご案内

ホーム>>成年後見制度>>事例で見る成年後見制度

GetAdobeReader
一般財団法人 民事法務協会
〒101-0047
東京都千代田区
内神田1-13-7
四国ビル7階
TEL:0570-011-810(代表)
FAX:03-3295-5058
登記情報提供サービス
に関するお問い合わせ
TEL:0570-020-220
FAX:045-943-3191
成年後見制度
に関するお問い合わせ
TEL:0570-070-002
FAX:03-3295-5059
「0570」は、ナビダイヤルの番号です。NTTコミュニケーションズの定めるナビダイヤルの通話料が適用されます。
事例で見る成年後見制度

ここでは、成年後見制度を利用された場合の事例についてご紹介します。

※支援を受ける方の判断力の程度や生活の状況などによって具体的な支援の内容は変わってきます。


1. 法定後見事例(1)

1人暮らしのA子さん。認知症で、要介護1の判定を受け、週に2回デイサービスを利用しています。たった1人の身内である妹さんが、月に1~2回、顔を見に来てくれていますが、ある日のこと、高額なリフォーム工事の契約書に気づきました…。

法定後見事例1続きを見る

2. 法定後見事例(2)

有料老人ホームに入居しているBさん。骨折をきっかけに、杖をついてホーム内を歩くのがやっと、という状態になりました。食事をあまり食べない、お風呂に入りたがらない、誰とも話さずぼんやりしているなどしていましたが、そのうち、意味不明のことを言ったり、娘さんとホーム職員を混同するような発言が随所に見られ、その症状が重くなってきました。

法定後見事例2続きを見る

3. 任意後見事例

妻と2人暮らしのCさん。Cさんには他人に貸している駐車場やアパートがあり、ずっと自分で管理をしてきたのですが、物忘れがひどくなってきたことから、こうした事務処理がいつできなくなるかわからないという、将来に対する不安を感じるようになりました…。

任意後見事例続きを見る