ページ全体拡大縮小 %
文字サイズ大中小
ホーム--民事法務協会とは--成年後見制度--登記情報提供サービス--出版図書--交通のご案内
GetAdobeReader
一般財団法人 民事法務協会
〒101-0047
東京都千代田区
内神田1-13-7
四国ビル7階
TEL:0570-011-810(代表)
FAX:03-3295-5058
登記情報提供サービス
に関するお問い合わせ
TEL:0570-020-220
FAX:045-943-3191
成年後見制度
に関するお問い合わせ
TEL:0570-070-002
FAX:03-3295-5059
「0570」は、ナビダイヤルの番号です。NTTコミュニケーションズの定めるナビダイヤルの通話料が適用されます。
事例で見る成年後見制度

3. 任意後見事例


妻と2人暮らしのCさん。Cさんには他人に貸している駐車場やアパートがあり、ずっと自分で管理をしてきたのですが、物忘れがひどくなってきたことから、こうした事務処理がいつできなくなるかわからないという、将来に対する不安を感じるようになりました。

事例イメージ1

Cさんは最寄りの公証役場へ何度か相談に行き、その結果、甲さんと任意後見契約を結びました。

事例イメージ2


事例イメージ3

数年後、Cさんは脳梗塞で倒れて病院に運ばれ、一命はとりとめたものの、人の話や書類の文章などが理解できない、たった今言ったことを忘れてしまう等の後遺症が残りました。

甲さんは、Cさん夫妻とよく話し合い、Cさんの任意後見監督人選任の申立てをし、第三者が任意後見監督人になりました。

事例イメージ4

甲さんは、任意後見監督人の監督のもと、Cさんとの契約に基づき、


  1. Cさんが賃料等を管理していた通帳や印鑑等を預かって、必要な支払いをし、賃料収入や建物、設備等の管理をする

  2. Cさんの確定申告や税金の納付をする


ことにしました。
無事退院して自宅に戻ったCさんは、できることなら、ずっと妻と共に自宅で過ごしたいと思っています。